日本にはまだ浸透していない「リラクゼーションドリンク」とは?

Photo Credit: The Chill Group Inc.

“リラクゼーションドリンク”という言葉を聞いたことはありますか?

ほとんどの人がNOと答えるかと思います。

 

でも、エナジードリンクなら誰もが知っていますよね!

レッドブルやモンスターエナジーなど。

眠気や疲れを感じた時に飲むとカラダを覚醒させてくれます。ほとんどの人が飲んだことがあるはず。

しかし、その一方でエナジードリンクは健康リスクがある・カラダに悪いなどと言われるようになりました。

エナジードリンクが原因で死亡するケースも。

 

そんな中、アメリカでは、エナジードリンクとは少し違う発想で「ドリンクでリラックスしよーぜ」という考えのもと、リラクゼーションドリンクが作られるようになりました。

リラクゼーションドリンクは、アメリカではすでに定番となっていて、その種類は450種類を超えるとも言われています。

ここでは、近いうちに日本でも流行が来る(はずの)リラクゼーションドリンクについてお伝えしますね!

 

アメリカではすでに人気。次世代型ドリンク「リラクゼーションドリンク」

Photo Credit: The Chill Group Inc.

リラクゼーションドリンクとは?

リラクゼーションドリンクはその名の通り、疲れたりストレスが溜まってしまったカラダをリラックスさせることを目的としています。

ストレス社会で生きていく上で必要なのは、「エナジー」よりも「リラクゼーション」。

カラダを適度にリラックスさせることでパフォーマンスを最大限まで高めることができます。

また、リラックスしている状態のときにクリエイティブな発想が生まれやすくなります。

それに気づいているアメリカでは、リラクゼーションドリンクが年間200億円以上も売れるほど人気となっています。

エナジードリンクと違ってヘルシーであることから女性にとっても飲みやすいことが、この人気を後押ししているのでしょう。

 

健康志向が高まっていることもあり、リラクゼーションドリンクは現代人の心を掴む魅力的なドリンクであることは間違いありません。

 

日本製のリラクゼーションドリンク「CHILL OUT」

Photo Credit: I-ne

日本でリラクゼーションドリンクを飲むなら、「CHILL OUT」で間違いなし!

日本国内では、一番の売れ筋商品です。

 

CHILL OUTの特徴は以下の通り。

  1. カフェイン不使用
  2. 人工甘味料不使用
  3. 保存料不使用
  4. 着色料不使用
  5. 香料不使用
  6. グルテン不使用

+7つのビタミンと葉酸が配合されています。

配合量 / 100mlあたり
ビタミンB1 0.23mg
ビタミンB2 0.18mg
ビタミンC 12mg
ビタミンD 0.5μg
ビタミンB6 0.169mg
ビタミンB12 0.35μg
ビタミンE 1mg
葉酸 27μg

(CHILL OUT公式サイトより)

他にも、リラクゼーションをサポートするGABAというアミノ酸やテアニンも含まれています。

 

エナジードリンクを飲むくらいなら、これを飲んだほうが良さそうです。

カラダに優しく、安心・安全に。そして、ヘルシーに。

 

 

最後に

個人的には、エナジードリンクの健康被害を恐れているので、1秒でも早くリラクゼーションドリンクが浸透してくれればいいなと思っています。

 

「これからの時代は、エナジードリンクではなくリラクゼーションドリンク。」

この考えが日本に浸透して、「エナジードリンク好き」の人が「リラクゼーションドリンク好き」へと変化してくれることを願っています。

 

それでは、また!













コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です