日本の寿司職人はお怒り?アメリカにある変なお寿司(SUSHI)

sushi

今や、お寿司は海外へ行ってもいたるところで食べることができるほど人気ですよね!

お寿司屋さん、レストラン、スーパーマーケット、コンビニ。もうお寿司だらけです。

言うまでもないのですが、人気の理由はおいしいから。

日本人でお寿司が嫌いな人はほとんどいませんよね!(たぶん)

違うものを食べて育ってきた外国人にとってもそれは同じ。

また、外国人にとっては、お寿司はアレンジがしやすいのが大きなポイント。

実際、お寿司をアートのように作っている人が世界にはいます。

それはそれでスゴいとは思いますが、同時にお寿司の原点や本来の良さがだんだんと薄れていっていることに少し悲しさを感じます。

寿司職人からすると、ものすごく悲しいことではないでしょうか。

 

特に、アメリカでは変わったsushiがたくさん誕生しているようです。

ここでは、寿司職人を怒らせてしまいそうなアメリカにあるお寿司をご紹介しますね!

 

アメリカにある珍しいお寿司たち

 

Spider Roll

Spider Roll

Photo Credit: Prayitno

「うわっ、なんか出てきてる!クモ?!」ってなるスパイダーロール。

クモに見えるものの正体は、ソフトシェルクラブ(脱皮直後のカニ)のフライのようです。

よかった、安心。でも食べたくはないかな。

 

Vegan Sushi Burger


The America感が伝わってきますね!

でも、意外とヴィーガン向けだからヘルシー。

これを寿司と呼んでいいのかわからないけど(笑)

「ただのライスバーガーじゃん」っていう声が聞こえてきそうです。

作った人がsushiって言ってるので、sushiです。

 

Spicy Salmon Waffle Cone

Photo Credit: kleinergruenerkaktus

まさかのワッフルとお米の組み合わせ。

中には、サーモン、アボカド、唐辛子、ネギが入っているようです。

ワッフルだけは、食後にコーヒーと一緒にお召し上がりください。

 

Rainbow Sushi


ちょっ、ちょっと(笑)

努力 ◎ インスタ映え ◎ 腹を壊しそう ◎

どうかこれを作った人を褒めないで…

危険な匂いがする。

 

Sushirrito

ただの手巻き寿司かと思いきや、こちらは寿司とブリトーの組み合わせ、その名もスシリトー。

ちなみに、スシリトーはレストラン名であると同時に商品名なんです。

 

手巻き寿司との違いは、具材とボリューム。

写真からわかる通り、これでもかというほど豊富な具材が入っていますよね!

そして、サイズは直径10cmほどもあるアメリカンサイズ。

ランチにぴったりという理由からアメリカでは人気上昇中です!

 

くら寿司の失態

ちなみに日本でも、”くら寿司”がお寿司界に名を刻む「キャラメルバナナ寿司」を過去に販売していました。

 

DJ LYMEさん(@dj_lyme)がシェアした投稿


これは頭がおかしいですよね(笑)

なぜ商品化までこぎつけたんだろう…

話題性があっておもしろいですが(笑)

 

最後に

個人的にいろんな種類のお寿司が誕生するのは少し悲しい気持ちもあるけど、おもしろいので好きです。

日本とアメリカの文化が組み合わさっている感じがいい。

そして、クレイジーな発想を持っているアメリカが好き(笑)

ものすごく刺激されます。

 

脳だけでなくお腹も刺激されてきた…

こんなお寿司を見ていても腹が減ってきた僕は異常でしょうか(笑)

たぶんスシリトーのしわざだな。

ちょっとお寿司食べに行ってきます!

 

それでは、また!













コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です